2013年7月1日

神門メソッドLABO!能楽師 小鼓方 森澤勇司編


「自律神経調律師」編  Vol.02  

能楽師 小鼓方 森澤勇司氏

神門実験第二弾は、日本の伝統芸能である能楽師(小鼓方)の森澤勇司さんに、ご協力を頂きました。

1.「能」についてや、ご自身が能楽師になられるまでの経緯などをお話して頂きました。


2.神門をはじめ耳のつぼにビズを貼らせて頂いて、奏者として体感の違いがあるかを試して頂きました。


3.「リズム」の不思議について、マニアックなお話で盛り上がりました。


森澤勇司さんプロフィール

間と拍子研究家
能楽協会正会員
1967年生まれ。東京出身。東京在住。

【舞台出演】
新作、創作の催しが増える中で有料公演は古典曲のみ1000番以上出演。
・明治天皇生誕150周年記念能、新宿御苑薪能、深大寺薪能、中尊寺薪能などの大型イベントにも多数出演。シダックス社50周年、カルビー社50周年、新潟県人会などの法人記念式典にも多数出演。モナコ公国ガルニエ劇場公演にも参加。F1レーサーも多数来場。大河ドラマ「秀吉」、「百年の物語」、映画「失楽園」などドラマ、映画にも複数出演。

平成4年「獅子(石橋)」
平成8年「乱」
平成11年「道成寺」
平成16年「卒都婆小町」
平成21年「三輪  白式神神楽」

各重習曲を披曲

【小鼓指導】
新宿区未来創造財団主催事業講師
東京都こども能チャレンジ
2005、2006、2007、2008講師
東京都キッズ伝統芸能体験講師
文化庁伝統文化子供教室事業講師
文化庁「文化を活かした観光振興・地域活性化事業」講師
中野区教職員、日本女子大学等で能楽指導。
日本人、外国人含め1万人以上に小鼓指導。

【取材】
・教育芸術社の音楽教科書に舞台写真も掲載。小鼓の画像提供。
・「能楽観賞百一番」淡交社
「道成寺」舞台写真掲載
・東京新聞社、江戸新聞「伝統文化子ども教室」取材
・2006サイクルスポーツ
市民ライダーインタビュー
・フジサンケイビジネスアイ掲載
(ラーニングエッジ社清水CEOよりの推薦)
・河合楽器「あんさんぶる」
コラム掲載
・電子書籍
「能楽は伝統芸能ではない!」
サムライタイムズ社より出版

森澤勇司WEBはこちら
森澤さんのブログはこちら


indigon インディゴン株式会社