2013年5月8日

6月に発売の女性誌「anan占い特集号」に掲載されました!


6月発売の女性誌「anan占い特集号」に掲載!

神門堂サイトで大人気の占いコーナーをご担当頂いております0学の岩波令明さんの占いが、昨年に引き続き2013年も6月に発売の女性誌「anan占い特集号」にて掲載されています!
同雑誌では8ページにも渡る記事が掲載されます。
今年の運気が気になるあなたは、是非ご購読ください!!



エンター・メデュケーションを提唱する「神門堂-Shinmondo-」。今回は、0(ゼロ)学フェイトアナリストの岩波令明(れいみん)先生をお迎えして、
少人数のワークショップを行って頂きました。今回初体験した僕(神門堂・飯島カエル)も「お、恐るべし0学!」と驚愕の嵐でした!

*岩波令明先生著の「アンアン特別編集  2012年度版 0学占い」
amazonで購入できます。

ますは、0学って何?
0学では、運命は一定のリズムを持っていると考え、植物の一生にたとえて春夏秋冬と、大きく4つの時期に分けているとのこと。

具体的には、
<春>
開拓期:新天地に飛び出し明るく変身する時。 生長期:運気が勢いよく伸びる、平和な時期。 決定期:春に広げた選択肢を、絞り込むとき。

<夏>
健康期:運気はいいのに、気分は滅入りがち。 人気期:春の努力が実って、満開の花が。 浮気期:よそ見をして失敗しやすいとき。

<秋>
再会期:やる気が再燃する第二のスタート期。 経済期:多忙で収入アップ。玉の輿運もあり。 充実期:実りをすべて収穫し、冬に備えるとき。

<冬>
背信期:運勢が下降するとき。悪あがきは禁物。 '0地点':すべてを受け入れ未来の種を宿すとき。 ''精算期:不要な過去を精算し、未来への準備を。

と分けられ、それを表したのが、運命グラフ。12年(月運では12か月)で運命が一巡し、これを見れば、自分が今どのような時期にあり、今後どのような運命をたどるのかがわかるというのです。まず、自分の支配星を確認してみよう。(令明先生のサイトで確認できます。  )

「0学は、春夏秋冬理論を実践する事で誰でも運命をコントロールできるようになる点が、当たる当たらないに重きを置く「占い」とは一線を画します。運命は12年で一巡し、 12年は春夏秋冬という3年ごとの周期を持ち、個人においてもそれぞれの季節に合った過ごし方をすることで、人の縁やツキに恵まれて幸せな人生を送れるようになります」と語る令明先生。


早速、ワークショップを体験。
今回は一対一のセッションではなく、少人数でのワークショップを体験。自分の事だけでなく、参加者それぞれの0地点や、各周期での出来事をシェアすることで、様々な質問が生まれ、それについて多角的に確認検証する事で、みんなの理解が深まり、より一層、自分本来の生き方がわかるヒントになり効果が期待できるそうだ。

まず僕ですが、1963年6月18日生まれ。支配星は冥王星。
で、今年は、【経済期】
因みに、同じ支配星の読者がいればと参考までに要約すると、今までの努力が実り、収穫の時期との事。また棚ぼた運が最高!得をする場面があったり、華やかなオーラが全開。仕事を一生懸命するべき。という良い感じ。
逆に、運命に逆らって生きてきた人は心配だとのこと。冥王星はM気があるので過酷な世界に惹かれてしまい、無理してしまいがち。病気は休憩のサイン。病気になったら休みましょうとのこと。

今年は経済期!で良かったのですが、それより驚く事に今までの人生がなんと0学通りに進んでいたのです!

例えば、今の前の0地点が約10年前。当時の僕は全く別な仕事をしていたが、次の人生、鍼灸か整体の国家資格を取って治療師になろうと考えていた時で、分岐点。そこで、今の耳つぼと出会い、創始者の師匠に弟子入り、そしてスリムビズを始めた。まさに0からのスタート、そして転換期。あれから10年お陰さまでこのメソッドも認知されはじめた現在。うーん流れが、合ってる。。

そして驚くのが、その前の0地点、その前の前の0地点も全て思い当たる、象徴的な出来事があったのです!

10代で東京に出るきっかけになったのも0地点(クリスタルキングの大都会を聞きながら上京。これはまた別な機会に)。20代も、えらい借金を抱え精神的にもどん底の時になりながら、衝撃的にうちの奥さんと出会い、瞬間に結婚し、それからV字回復していった等々、大きな転換期もやはり、0地点だったのです。

なんとも驚きの連発!恐るべし0学!

「0学は占いではなく、運命分析学なんです」
という岩波先生の言葉にも納得。
0地点を見つけて、自分を見つめ直す。こんな楽しいワークショップ、是非あなたも参加してみてはいかがですか。

ワークショップ等の詳細はコチラ。

多いに盛り上がった今回の0学ワークショップ。
ワークショップ終了後もさらに盛り上がり、次回は、0学ワークショップを番組にしようという話に。。。

次回、乞うご期待。


【エンター・メディケーション的まとめ】

自分の人生、なんでこうなっちゃうんだろう? どうしてうまくいかないんだろう?と感じながら生きるのは、精神的にかなりしんどいけど、こんな風に0学を通じて、人生には周期的な流れがあるだなぁと、ある程度わかると、かなり精神的に楽に生きられそう。エンター・メディケーション的に、アリですね!。令明先生ありがとうございました。


岩波令明(いわなみ  れいみん)  プロフィール

0学フェイトアナリスト
http://www.zerogaku-uranai.com/profile.html

運命分析0学開祖である御射山宇彦(みさやま うひこ)氏の、最後の直弟子。小学校2年生の時に事故で片目を負傷して失明の危機に瀕し、子ども心に「ハンディを克服し、運命を変える方法を知りたい」と強く思い、神秘学の世界に足を踏み入れる。以後、古今東西の占術やサイキックを独学し、現実との検証を始める。0学との最初の出会いは大学時代だったが、卒業後は企業に就職し、広報業務、編集業を経て結婚。仕事や健康、家庭の悩みから、30代で御射山氏に弟子入りし、占いと運命分析学の違いを知る。現在は、日々悩める人々の相談を受けながら、原稿執筆やセミナー開催、夢分析や科学的に未解明な分野の研究を続け、夫・子と共に地域コミュニティにも積極的に参加している40代。


indigon インディゴン株式会社